平成3012月(2018Dec.

 

内外に渡る激動の年も最終月 安泰な越年を願う!

今年は原材料の高騰に悩まされた一年!耐えに耐えた年。

減量経営・筋肉体質経営を目指し年の初めより一丸となり戦ってきました。

 一進一退を繰り返し12ヵ月が過ぎ様としています。社員の心が一点に集中

 感じがありました。

 厳しさに慣れました!「社長の言う 必死から必至 の言葉を少し理解しました。

 今年企てた「経営戦略」どの位達成出来たか 心静かに精査して行きたい。

 「忙中静在り」師走のあわただしさの中で来年に向け 闘志が湧いてくる!!

 

これからの展開に期待して下さい!!!

 

「温故知新」 @:飯田市仲ノ町「加納家の紅梅」  は樹齢400年と言われ飯田市

  が城下町の面影を残している証拠です。武家屋敷の中 春を一番に告げてくれます。

 

A: 東京上野 西郷隆盛 さん 先日社長が東京出張時 大河ドラマ主人公に会って来たと 自慢げに話していたので尊重して載せます。

 

世界視野の中 美しい源古郷・原風景 として守り育てて行きたいものです!

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責  エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年11月(2018/NOV)

 

  小さな企業の 大きな役割 NO-2「地方型経営」の実行 

文責者 代表取締役 櫻井善實

皆さまご承知の様に

日本企業の90%以上は中小・零細弱小企業と言われています

(当方弊社もまぎれもなくこの分野に属します)

 

重要な存在の中小企業ですが それらにふさわしい評価・位置づけ

が今日の日本経済の中にされているとは感じられません。  

 

「政策面では中小企業育成・支援」の掛声が噛み合っていない感を

このままで良いのか?行政の怠慢や無策を嘆くだけでなく自らの行動を

見直して考えたい!

 

住宅・建築分野においては 一人親方 小規模工務店(基礎・左官・瓦板金

屋根・建具・内装・給水・電気・他含む)を再認識 今からでも遅くは無い

彼らの身に着けた“手に職”技術(特別に伝統技術に拘らず)を評価・活用

を本気で行う“最後のタイミング”は近づいています。

 

建築設計者・建設会社・木材生産・建材流通その他が上記の様な認識の元に

適正価格・技術の尊守・地域材使用・等を自分たちも地域の「小さな企業

小さな会社」として役割を果たす事に期待される。

 

P/S  師走の足音がすぐそこまで“越年準備”経営者の腕の見せ所 !

 

 

@    赤々と燃える事務所のペレットストーブ

 

A   森林里親制度 霊仙寺湖 アジサイ園 下草刈り イベント参加

 

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

 

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年10月(2018/OCT)

 

自然災害が続きます。

人類は試練を乗り越えここまで辿り着いたと思います。

県内 民放TV 3局 夕方の時間帯 県内各地で展示場を展開している

 「ホクシンハウス」北信商建 が取材報道されていた。

 ASEANアセアン諸国からの視察を受け入れた様子が取り上げられていた。

「住宅産業の国際化」という問題に注目される。長野県産木材の輸出が展望

される中 木材を基本に 省エネ・環境配慮型住宅としてひとつのパッケージ版

としてアジア諸国に「涼しい家づくり」をアピール出来る可能性がある。

これからの展開に期待したい!

 

リニア新幹線開通後の長野県駅 飯田駅 からどの様な方々が乗降されるのか

 大変気になるところです。下の映像は駅から車で45分の飯田市南信濃地籍

 

 飯田市の市民すら感動の景色と谷間の土着の人柄は原風景を感じます。

 日本にとっても世界旅人に取っても新鮮な感覚を与えるものと思っています。

 

東洋のチベットと言われる下栗集落 

 

南アルプスの大展望のしらびそ高原 

 

世界視野の中 美しい源古郷・原風景 として守り育てて行きたいものです!

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年9月(2018/SEP)

 

暑い日が続きます。9月になれば〜♪(^^♪〜もう少しGamba!!

●リニア中央新幹線(2027年9年後開業)飯田駅市民議論進む。

駅施設の整備検討を本格的に組み直す。(望む施設が見えてきていない)

少し時間をかけ来年3月に検討委員会を立ち上げる。未来は明るいぞ〜!!

 

●飯田市は昭和22年春 市内の大半を消失した大火に見舞われた。その後

力強く復興した歴史がある。リンゴ並木に象徴されるシンボルツリーは火災を

止める防火帯としての役割があり都市計画に生かされている。市内の南端に

建っている大火記念館に当時の市民の防災と復興への想いを感じます。

 

飯田広域消防主催のイベント “子供消防隊”防災教育

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥

 


平成30年8月(2018/AUG)

この度の西日本豪雨災害により、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみ申し上げます。

また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興と、皆様の日常が戻りますことを社員一同、心よりお祈り申し上げます。

 

8月  酷暑

 

今年は地震・豪雨・酷暑と大変な夏になっています。

大きな災害が続き、この酷暑も災害といえるのではないでしょうか?

弊社も信州飯田にて営業していますがやっぱり暑い!

お隣の岐阜・愛知では40℃超えも耳にするようになりました。

 

夏休み中の子供たちの一課題に地球環境・住宅室内環境について調べるのは

いかがでしょうか?

地域から排出された新聞古紙をリサイクルしてエコファイバーを製造し

住宅に隙間なく施工する事により夏場の冷房を最小限で抑える事が可能です。電気の使用量・室外機の熱風の排出も抑えられヒートアイランド現象の抑制にも繋がります。

将来大人になったとき住みよい住宅環境につながっていくことを目標に。

 

保冷・保温・遮熱・遮音に最適なエコファイバー断熱材を使用して

快適な住空間を実現しましょう。

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年7月(2018/JULY)

618日に発生した大阪北部の地震により
被災されました皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また、犠牲となられました方々に謹んでお悔やみ申し上げます。

被害に遭われました方々の一日でも早いご回復と
早期の復興をお祈り申し上げます。

 

7月  関東甲信 早すぎる梅雨明け

 

630日に弊社のある関東甲信地方の梅雨明けが宣言されました。

今年の夏も猛暑が予想されるそうです。

今月は7/17/7まで全国安全週間です。弊社も作業の安全を見直し

「ゼロ災」を引き続き実行していく事を自社安全大会で確認しました。

猛暑になりやすいこの季節。熱中症は室内でも起きます。室温が28度を

超えたら要注意です。風のある日は窓を開け換気を。又、エアコンも

適宜に使用し水分補給に努めましょう。

 

保冷・保温・遮熱・遮音に最適なエコファイバー断熱材を使用して

快適な住空間を実現しましょう。

 

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年6月(2018/JUN)

いいむす21上級の更新認証式が行われました

4月にお知らせした通り、いいむす21の上級更新審査を経て

先月5月7日に登録証の交付が市役所市長室にて執り行われました。

次回更新は3年後です。次回更新時には上級からステップアップし

ISO14001南信州宣言」を目指し活動していきます。

 

「南信州宣言とは?

信州いいむす21の取り組みが上級を超え、ISO14001の要求事項

すべてを満たしたとき、地域ぐるみ環境ISO研究会が適合を認める組織となり

「南信州宣言」を行ないます。

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年5月(2018/MAY)

「早くも夏日到来」

 

5月 GWに入り気温の変動が激しくなっています。晴れれば夏日

曇ると寒い 朝晩の気温差20℃なんて日が続いています。

   気温の変動が短時間に起きると体に不調をきたす事が多いので

   お気を付けください。

 

気温差の少ない住宅

部屋間の温度差が少なく通年、居心地のよい空間。

 

窓などの開口部や壁、床、天井をしっかりと断熱・気密施工した

高断熱高気密住宅では、室内の温度差が少なくなり、一年を通して

快適な温度の居住空間になります。
熱の出入りが少なくなるので、冷暖房の効きが良くなり

冬も夏も少しの冷暖房エネルギーで快適な暮らしが実現します。

 

住宅にエコファイバーでお布団を着せる様に隙間なく包む事で実現します。

 

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年4月(2018/APR)

「飯田は桜が満開です」

 

4月 今年は暖かい日が続き、我々の住む長野県飯田市は桜が満開と

なりました。市内大宮通りでは700mにわたる桜並木に

約150本のソメイヨシノなどの桜が見頃となっています。

 

南信州いいむす21上級を更新しました。

南信州いいむす21とは?

環境マネジメントシステム(Environmental Management System

略してEMS:イーエムエス)は、環境方針を作成・実施・達成・見直し

かつ維持するシステムです。また、環境マネジメントシステムの国際

規格であるISO14001は、社会経済活動とのバランスの中で環境保全及び

汚染の予防を目的としたものです。

「南信州いいむす21」は、このISO14001の基本的な取り組みを簡易な

システムとして提供し、事業所の実状に合わせて無理せずに計画を立てて

環境改善活動を実施し、地域ぐるみで環境保全に挑戦しようという活動です。

「南信州いいむす21」のシステムは国際規格のISO14001を基に

取組み内容に応じて初級・中級・上級・ISO14001南信州宣言の4つの区分を

設けステップアップを目指します。事業所が区分に応じた取組みを

行なっていることを地域ぐるみ環境ISO研究会が審査し

南信州広域連合が登録判定を行ないます。

また、ISO14001南信州宣言は国際規格に位置付けられる「自己宣言」を

南信州広域連合と研究会が確認します。

 

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年3月(2018/MAR)

春のお掃除をしましょう

 

3月 先月行われた平昌冬季オリンピックは長野県出身の選手も活躍し

素晴らしい結果となりました。選手の皆さんから元気を頂きました。

 

【空調機器のお掃除はできていますか?】
冬の暖房・夏の冷房。エアコンは今や一年中使用する様になりました。

このエアコンのフィルターが汚れていると十分な性能が発揮出来ず

効きは悪くなってしまいます。ポカポカ陽気の春がお掃除のチャンス。

なんといってもまずはフィルターの汚れのチェックです。

フィルターを外し掃除機に埃を吸い取りましょう。

 もうすぐです桜の季節 上伊那郡七久保 千人塚畔 クリックして下さい

 

【住宅の断熱性能も見直してみましょう】
お家の断熱性はどうでしょうか?
夏は暑く・冬は寒い、そんな場合、断熱性能を見直してみると

快適さは変わります。屋根と天井の間に適切に断熱材が入れられる

ことにより、夏だけでなく一年を通してお部屋での暮らしが

快適になります。床や屋根裏の断熱リフォームは、壁などと比べると

一度壊さないといけないような改修にはならない場合が多く

比較的手軽にリフォームができます。

エコな暮らしのためにも一度調べてみましょう。

 

Aめずらしいセルローズファイバー鉄骨造への施工事例 クリックして下さい

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成30年2月(2018/FEB)

「凍みる季節になりました」

 

2月 5季ぶりに出現 諏訪湖の御神渡り 

記録的な寒波が日本列島へとやってきて大雪に見舞われている地域の

方々どうかお気を付けください。

以外な盲点!窓まわりの断熱

大寒を過ぎますます寒さを増してきました。

水道管や排水管の凍結に十分にお気を付け下さい。

水道管に巻かれているヒーターも古い物だと内部劣化により断線

している事があります。見た目では気が付かないので注意が必要です。

 

建物の窓まわりは施工上、必ず隙間の生じる箇所ができます。
ガラスで結露が起きる様に、こういった断熱材の切れ目で結露を起こす

可能性がありますので弊社ではエコファイバーを手詰めにより万全な施工を

致しております。

冬場の冷たい空気や夏場の暖かい空気は窓まわりから流れてくることが

多いのでこういった箇所まで目を届かせて施工しております。
エコファイバーは隙間なくブローイング工法で施工ができるため断熱性を

高める上でも最適な断熱材です。

 

エコファイバーの顕微鏡写真です クリックして下さい

 

インフルエンザが大流行中です。

私も先日 A型に感染しました。予防策は手洗い・マスク着用・適度な水分補給

居室の湿度を50〜60% 周囲への配慮で感染拡大を防ぎましょう。

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


January1月 2018 平成30年 謹賀新年

 

「計画にある所に実現あり」計画を必ず実行する年!

[人智を尽くし天命に従う」エコトピア飯田誕生19年を迎えます

桐林工場全景 こちらをクリックして下さい。

新しい年を迎え清々しく晴やかなる心境です。

 

地方経済・建設中小企業を取り巻く環境は曇天が続きます。

雲の切れ目の光明を求め努力の年明けです。

 

今年の運勢が語るに積極的で発展欲旺盛・自信も湧く年・

成果の上がる年に成るそうです( ^ω^ )ニコニコホントかなぁ〜

社是の「良く・早く・安く」を噛みしめ平常心で臨みます。

 

拝顔の折には御指導ご鞭撻の程 お願い申し上げます。

 

試行錯誤の中 次世代の成長いちじるしく 今後に期待の沸く年の始め!

明日の世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成29年12月(2017/DEC)

 「師走」

12月 今年も寒いですね。体調管理に気を付け良い年越しを迎えましょう

「ヒートショック」のリスク

長野県では20154月から新築戸建て住宅も

「長野県建築物環境エネルギー性能検討制度」の義務対象になりました。

ヒートショックとは、一般的には住宅内の急激な温度変化により

身体が受ける影響のことを指します

この現象は寒くても高断熱住宅が普及している地域では発生率が低く

なっています。つまり住宅の断熱性能を高めることで、ヒートショックの

リスクを軽減できます。これから住宅を新築する際には、住宅内に

温度差を生じさせないように断熱性能を高めることを意識しましょう。

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成29年11月(2017/NOV)

 「いよいよ落ち葉が舞う季節になりました」

 

11月 紅葉の季節を迎え、秋も深まりウィンターワンダーシーズンを向かえます。

  価値のある住宅とは?  

 

先月末は秋の長雨と週末の度に台風が続き、気温が上昇せず冷え込みました。

長年大切に住み続けてきた我が家、冬の到来で暖房をかけ外気との差で

壁には結露が発生します。毎年同じ事を繰り返し続けていては、住宅の

寿命は短くなり資産価値は減点されます。

 

適切なメンテナンス改修を行い健康な性能を維持できるようにしてみませんか?

エコファイバー」は吹き込み施工の為、複雑な壁の内部でも

小屋裏内でもしっかり吹き込み隙間のない断熱層を実現します

 

老後、生活スタイルが変化し駅や病院の近くに引っ越しをしたいと考えた時

まだまた住める「高耐久性・長寿命住宅」を維持していれば家に高い価値が付き

高く売却ができる事につながります。

 

築年数が経過していても、魅力ある高付加価値住宅へリフォームしてみませんか

 

11月23日は勤労感謝の日です 

日頃から頑張って働いている方々、温かい我が家でゆっくり休んで

体を労わってあげて下さい。

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成29年10月(2017/OCT)

 「郷土の木づかい」

 

飯田市産材 地産地消へ

近年 違法に伐採された木材を原材料に使用する事に批判が高まっています

日本でも「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」が成立し

違法伐採への対応に関する法的整備が整いました。

違法伐採された木材を使用した製品が木材市場の20%を上回っています。

森林に暮らす地域文化を破壊し続けていく事になり、安価な違法木材が

日本に輸入されると国内の林業に携わる方々に悪影響を与えかねません。

管理された木材を調達するのを可能にした「森林認定制度」があります。

適切に管理された森林から木材にラベルを貼り市場へ出荷されます。

木の伝統文化を持つ日本では、2020年の東京五輪に向けて

「認定木材」使用のアピールをしています。

 

弊社の製品も生産から回収まで責任を持って施工させていただいています。

作り手・買い手どちらにも誇りをもっていきたいと思います。

郷土の木で新築・リフォームしたいとお考えの方

飯田市では森林整備を促進するため、飯田の木を使ってお家を建てたり

仕上げ材に飯田の木を使っている事を表示することで補助金が交付されます。

 

Made by IIDA 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ  

                文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成29年9月(2017/SEP)

September 9月 

 「防災月間」です。  

9月 残暑お見舞い申し上げます

朝夕は涼しくなりましたが、まだまだ暑い日が続いております。

   

あなたの地域・住まいはどうですか?

 

8月29日(火)早朝より当地方でも「Jアラート」が国から送信され

緊張が続く1日の始まりになりました。

各地域でも9月1日の防災の日前後に避難訓練、防災訓練等が実施され

参加された方もいるかと思います。

 

「シェイクアウト」地震の際の安全確保行動

まず低く、頭を守り、動かない

 

私たちが生活する場所の土地、地盤の情報を調べ、家族を守る大切な住まい

最小限の被害になるように対策が必要です。

 

“人の命を守る家” 

耐震構造等さらなる技術の進歩にゆだねたいと思います。

 

 耐震補強  +  断熱改修  =  命を守る家  を今一度考え

 

愛する家族の幸せを育てる箱としてのhouseを人生の基礎としたいものです。

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

                                 文責

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成29年8月(2017/AUG)

August8月「緊急レポートロンドン高層火災」を読んで!

「月刊 建築仕上技術7月号」お茶の水女子大 田中名誉教授

記事より抜粋

日本断熱住宅技術協会は火災事故直後理事会開催情報を持寄り分析した。

 

火災の分析!2,017614 0:55出火2016年改修24階建

火元の4階から24階までわずか15分で火炎が到達。

煙突効果:外壁通気層50ミリこれが勢いを増し拡大した。

英国工業会規格BS84142断熱材防火試験に合格品使用

外断熱改修システムCelotex rs5000 saint Gobain

ポリイソ・シアン・ウレタン150o厚を3oアルミ板で包む。

火災の原因究明は時間経過とともに進んで行くわけですが

120世帯数百人の生活があり多数の死者そして火災の恐怖を

体験した方々に哀悼とお悔みの意を表したいと思います。

人の生活を入れる器・また災害から命を守るべき建築物に

関わる一員として心してこの報道をまさに“対岸の火事”と

考えず 使用材料・工法等に対し安全性探求を深める事が

望まれます。

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成29年7月(2017/JULY)

July 

 「いよいよ夏の到来です」

7月 夏の太陽がまぶしくなり、日陰を選んで歩きたくなってきました。

 

今さらですが、省エネ

 

省エネ 国民に広く知れ渡り身近な事から実施されている

ご家庭も多いかと思います。もう少し大きく考えてみませんか?

 

日本のCO2排出量を考えてみると会社公共施設約80% 

家庭からは約20%の割合があります。

 

建物(住宅)は日常を過ごし長時間利用する場所です。

家庭内機器は省エネ性能が高く光熱費がおさえられ優れています。

しかし、住宅での省エネ化にはなかなか目を向けられていません。

 

建物の省エネ性能が先進国と比べ低い中、建物の室内環境にも目を向け

省エネ家電との相乗効果による省エネを目指しましょう。

 

建物自体の断熱性(省エネ性能)を高めることにより、冷暖房の効率が良く

節約・節電 co2 エネルギーの削減につながります。

 

建物の天井・壁・床下などに使用する断熱材を製造し

皆さまのお住まいに施工をさせて頂く事で断熱性能を高め

消費エネルギーの削減。また環境保全を目指し古紙の再資源化に取り組む

会社として皆様の快適な住まいへのお手伝いをしていきたいと思います。 

 

弊社製造プラント 長野県飯田市 環境産業公園内

 

環境に配慮した自然素材 古紙再生断熱材で快適な住まいへ

文責   

エコトピア飯田株式会社 専務取締役 櫻井 善弥


平成29年6月(2017/JUN)

JUNE 6月 環境の日・世界環境デー

 「 多くの地域で梅雨入り 」

 

6月 春から夏へと衣替えの時期になりました。

   1年中で一番昼の長い日<夏至> 太陽のエネルギーを

最も受けることができる日 

夏本番に向けて暑さ対策はされていますか?

 

 

自然素材の良さを知ってください

  梅雨がはじまります

地球温暖化の影響で今年の夏も酷暑が予想されています。

私たちが快適に暮らし続けるには、押し入れに湿気対策をと

新聞紙を敷かれているご家庭もあるかと思います

エコファイバーは自然素材だからできる吸放湿性

湿度が高くなると断熱材内に湿気を吸い込み乾燥すると

放湿するので結露対策やカビ対策に効果的です。

エアコン等機械に頼らなくても、ある程度の快適さがある。

長雨による ジトジト 湿気 カビ対策

 

環境に配慮した自然素材 古紙から再生断熱材で快適な住まいへ

                        文責

明日の明るい世界専務取締役  櫻 井 善 弥  SAKURI Yosiya


平成29年5月(2017/MAY)

530 「 Wごみ“ Wゼロ” の日 」

ちなみに弊社工場のTEL番号は0265-28-5305(ごみゼロ ゴー)です。

 

家庭や会社等から出される古紙はリサイクルが可能です。

弊社製品エコファイバー断熱材の主原料である新聞紙も

家庭や企業で読み終えた新聞古紙を使用しています。

近年、リサイクル出来ない物は少なくなりましたが、我々一人一人が

循環型社会の一員として重要な役割をはたしています。

これからもゴミの減量化(分別をして再資源化)を目指しましょう。

 

3R リデュース 物を大切に使いゴミを減らす

   リユース  使えるものは繰り返し使う

   リサイクル 使ったものを資源に戻し製品を作る

 

エコトピア飯田株式会社は新聞古紙を再資源化した製品を製造しています。

 

信州リサイクル認定製品認定  

リサイクル資材 エコファイバー        (セルローズファイバー断熱材)

リサイクル製品 エコガード・エコファイン   (多用途木質系繊維材料)

エコマーク認定製品 エコファイバー

グリーンマーク認定製品 エコファイバー

 

 

飯田の山々も芽吹きの季節です。

春から夏に向かい体調に変化が出る時期。体調管理は万全に

 

                          文責 

専務取締役  櫻 井 善 弥  


平成29年3月(2017/MAR)

MAR 3月 断熱材の素材を考える!

ドイツで有名な住宅関連雑誌「ökHAUS」エコハウスから

 

ökTEST エコテストに注目する!!

素材の安全性“!!食べ物と同じように建材・機器材の人体影響を

消費者・居住者の立場そして健常者・弱者の側で「テスト」する

「人の生活を入れる器としての住宅」・「社会の器としての建築」

安心・安全で暮らす! 建築に何が出来るのか?

器が(建築)人を守る!「安心から希望」となる住まいづくりを!

 

断熱材のエコテスト以下の項目で各素材をテストする!

@  熱伝導率A透湿抵抗値B防火性能Cホルムアルデヒド発散

Dハロゲン化合物E発がん性評価F石油製品を含むか

A:天然系か?B無機系か?化学系か?

1:素材の吸湿性能は? 2:廃棄物対策は?

 

あまり過剰な対応は感心しませんが単に断熱性能のみの比較は感心

しません。単一科目のみ成績のよい学生のようです。つまりバランス

です。そして時代のキーワードを理解した評価が重要です。

 

 

特に若手の建築士諸弟にこの分野“に踏み込む事を期待します。

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成29年2月(2017/FEB)

2017Feb 2月  

 

「リニア駅周辺整備基本計画 策定にあたっての考え方」

飯田市主催の 説明会に参加しました。

H29・1・19 飯田市公民館 於

10年もすると飯田を起点に東京品川駅まで45

名古屋駅まで25分でつながるリニアモーターカー時代!

現実的になってきました。

リニア中央新幹線を地域振興に活かす伊那谷自治会議

の勉強会で 前段に今話題の建築家 (くま) (けん)() さんの

話から始まり その後 飯田市佐藤副市長さんの司会で

各界の有識者先生方から「計画策定の考え方」の説明が

ありました。 大変興味深く解りやすく 将来の展望が

見えました。

厳しい時代の中「夢と希望を抱ける」当地飯田市に拠点が

ある会社としてうれしく思いました。

 

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成29年1月(2017/JAN)

2017Jan 1月 謹賀新年 

地域ぐるみ環境ISO研究会20周年記念イベント開催される!

エコトピア飯田鰍ヘ研究会に初期より参加し初級⇒中級⇒上級と

進級し更新中です!!

◎ 「地域ぐるみ! 次へ!」

     (地域ぐるみ環境ISO研究会 20周年記念イベント)

◆ 開催日  20161213日(火)15:0017:30

◆ 会 場  飯田人形劇場(飯田市高羽町5-5-1

      地域ぐるみ環境ISO研究会とは?

地域ぐるみ環境ISO研究会は、産業公害の経験がない地元産業も率先して

環境負荷低減に取り組もうと、平成9年、飯田市内のISO14001を認証取得している

6社によって発足しました。現在、飯田下伊那地域の28事業所が「環境ISO」を

キーワードに連携し、自主的・主体的な運営を行っています。

 具体的な活動内容は、
 (1)ISO14001の認証取得の相互支援
 (2)従業員・職員を通じての市民の環境意識の向上
 (3)南信州いいむす21(地域版EMS)の構築と普及
 (4)温室効果ガス削減に向けた省エネ等対策の普及
 (5)市の環境行政への支援
 (6)その他、南信州地域の持続可能な発展に貢献する環境改善の取組み

さらに、平成26年度からは、「環境教育」や「建築分野における省エネ対策」など

についても検討し始めました。

中央花束の萩本会長 その右となり 市長さん左上 弊社専務 エコトピア飯田 櫻井善弥 

https://www.city.iida.lg.jp/uploaded/attachment/28906.pdf (新聞記事)

https://www.city.iida.lg.jp/uploaded/attachment/29087.JPG (集合写真)

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成28年12月(2016/DEC)

DEC 12月 今年を見すえ 来年を展望する季節!

人口減・世帯数減の時代 建築士の役割は?答え・人間観察です

 

アパートメント建築(賃貸住宅)を考えて視る。

 

景気の好くない時期にはアパート(賃貸住宅)の空室率が低い??

 

世帯数減と係わっているかもしれない。核家族化(色々な理由)と

 

多いに関連が考えられます。一方 所有するから借りる価値観にも

 

影響あるかもしれない。

 

人間の生活を入れる器・社会を映す鏡としての箱としての「建築」。

 

データ的には日本の住宅戸数の25以上がアパート賃貸住宅です

 

建築士は時代の変化を鋭く見抜き W器としての住まい“そして

 

社会の公器としての賃貸住宅(アパート・マンション・公営住宅)

 

をさらに快適にしてW国民生活に貢献“したいものです。

 

チョットひと息!! クリックして見て下さい。

タウンハウス賃貸住宅 住宅金融公庫融資 1984

タウンハウス伊勢屋 (長野県 飯田市) 

 

早々と大雪初雪50数年ぶりとか。異常が日常ですと感受性も鈍ります。

 

人類は脈々と時代を生き抜いてきた。私達にも出来ると信じて。

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi

 

長野県 飯田市 Wタウンハウス伊勢屋“ 賃貸住宅

1984(32年前) 住環境重視アパートメント建築

空地比・緑地比率を当時破格に上げ住環境の良い建築

として注目された。空き室がなく常に待ち状態を維持!

201612 縦割り長屋・連棟式・タウンハウス賃貸(1世帯2階建)


平成28年11月(2016/NOV)

NOV 11月 冬の準備始まる。今年の収穫期!!

インスペクション(建物診断・建物現況検査)について考える。

 

診断・調査員:(インスペクター:inspector)

 

人口減や高齢化社会を迎え住宅を造っては壊す社会から良いものを

 

造ってきちんと手入れして長く大切に使うという住生活の質の向上を

 

追及する時代の中 インスペクター時代が到来している!!!。

 

本来の目的(診断・調査)は中古建築売買の促進を入口の部分で

 

目指していると思われるが“建築・住宅が社会資本”という概念の

 

実現に向け可能性を大きく秘めている感じがします・・・・・・・。

 

建築士は産出す(建設)のみでなくその子の成長そして最後まで

 

見届けさらには死後の甦り(再生・復活 リ コンストラクション

 

リバイバル)ま考え、責任を持つべきである

 

チョットひと息!! クリックして見て下さい。

W2016 11月 長野県 戸倉上山田温泉 放置 “廃屋ホテル”

これでいいのか? 放置建築 最後まで責任を持つべきだと思う?

 

自然災害が続きます。世界の動きも目がはなせません。

 

人類は脈々と時代を生き抜いてきた。私達にも出来ると信じて。

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi

 

長野県 戸倉上山田温泉 温泉街は今日頑張っています。

華やかな時代の影に 廃屋ホテルは何を語るだろうか?

 建築士の仕事とは何か?そこまで考えなくても?という人も

いるかも知れないが 私は心を痛めます。

2016 11by Sakurai 使われなく長年放置された建築 声が聞こえる!!

 


平成28年10月(2016/OCT)

一年のまとめを始める。総仕上げの準備を始めたい。

 

10/1 大町市において「建築士フォーラム2016」開催!

毎年県内各支部持ち回りで開催されるフォーラム(勉強+友情)!

 

大町市を中心に市内探訪・造り酒屋・水力発電施設等をめぐる。

 

全体研修として「ドイツ建築と省エネ住宅に学ぶ」の発表を聴く。

 

前半の地域小旅行は大変に興味深く強い印象を受けました。私は

 

「日本一のロックフィルダム」と「地域小水力発電所」を訪ねる

 

グループに加わり水力発電・自然エネという今日的課題を学ぶ。

 

映像をご覧ください!!

W高瀬ダムW巨大なロックフィルダム堤にて“クリックして下さい

 

建築士会の運営には並々ならぬ努力が必要な時代に突入して来ている

 

と感じます。縮小社会のなか良いことは残し削減すべきは実行に期待!

 

我々の時代(膨張社会)とはもはや発想も計画も各段の変化を感ずる

 

長野県建築士会フォーラム2016 in 北アルプス 大会でした。

 

 

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi

 

 

 

 

巨大な人工工作物 ロックフィルダム 東京電力の管理下

「脱原発」!災害の後 東電さん経営戦略変化が生じるか?。

この様な建築士会の研修いつまで維持する事が出来るか瀬戸際かも。

2016 10月  by Sakurai 


平成28年9月(2016/SEP)

SEP 9月 立秋とっくに過ぎたのに!残暑酷暑!

連日の猛暑日!御自愛下さい。

 

冬の寒さから身を護る>≒<夏の暑さから身を護る!!

「地球温暖化」 もう本気で考えないとWヤバイ“ 状況だ!!

 

猛暑対策は命を護る“ 真剣に考えないといけない時代到来。

 

「人の生活を入れる器としての住宅」・夏場の住環境に差が出る。

 

断熱性能を上げる事は蓄熱量が増大し結果W夏暑い家“となる?

 

建築士はW温暖化対応住宅“つまりW夏涼しい家”を本気で考え

 

て行く必要が増してきている。基本は高断熱高気密に尽きます。

 

チョット気分をかえて!!

W2016 8月 長野県木曽谷 開田高原ソバ畑“クリックして下さい

 

台風10号 太平洋側から東北地方通過 日本海へ異例のコース!

 

気象データの歴史に無い進路 何かの予告でなければと祈る!!

 

異例が 通常感性 で受け止めている現代人の感覚に警告を発する。

 

 

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi

 

 

 

 

豊かな大自然を求めて! 長野県木曽郡開田高原 “ソバの花”

「動中 静有り」! 激動の中の静寂を大切にして生き抜く。

下界は真夏日でもここ開田高原は天空の時間が流れる。

2016 8月  by Sakurai 


平成28年8月(2016/AUG)

AUG 8月 盛夏!暑中お見舞い申し上げます

連日の酷暑!健康管理にはくれぐれも御自愛下さい。

 

過月は世界中でテロ事件連続 また国内でも悲惨な事件勃発!

 

不安の連鎖“人類はこのなかを行き抜いて行かなくてはならない。

 

「人の生活を入れる器としての住宅」・「社会の器としての建築」

希望を抱く事が出来る時代を築きたい!建築に何が出来るのか?

器が(建築)人を変える!「不安から希望」になる住まいづくり。

 

W健康住宅“ クリックして下さい

 

建築技術を工学として考える事は当然ですが心の中“まで

考えた思考を目指したい。もはや工学の領域を越えたい!

 

特に若手の建築士諸弟にこの分野“に踏み込む事を期待します。

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi

 

 

自然豊かな環境を求めて! あまり大きくない家

「Not so Big HOUSE」

華美にならない人生観を実現する。

N村の Mr+Mrs I 邸 都会から地方ヘ by Sakurai 


平成28年7月(2016/JULY)

JULY 7月 長野県若手建築士ドイツヘ研修!

新進気鋭の長野県建築士会員 環境建築を学びに訪独!

 

/25(土)発〜7/1(金)帰国。7日間 団長さん以下25名

 

ベルリン・フランクフルトの歴史的建築群そして

対象的なジャーマンモダン建築をそれぞれの感性で体感!

 

その後南下しフランス・スイスの国境近くに位置する地方都市

人口約20万人Freiburgフライブルクを訪ねます。

環境行政・環境産業関連の視察が絶えないドイツのキラ星☆彡

 

WFREIBURG“フライブルク市内 クリックしてください

 

日本の中長野県そして特徴ある各市町村(北・東・中・南信)

学ぶ事は多いと思われます。特に建築の省エネ政策は目を見張る

物があります。フライブルク在住20年 環境政策ジァーナリスト

村上敦さんのコーヂィネイトのレクチャーを受けます。

 

特に若手の建築士にとって一生の財産になる事を期待します。

 

事前研修会(6/19松本市 県の森文化会館にて全員出席!)の時

私が前座を務めさせて頂きW国際視野を目指す建築士“について

主講は信州大学 高木直樹先生の Wドイツ環境建築“

 

皆さん真面目!真剣な様子を感じました。

この厳しい時代に学ぶために尊いお金と時間を捻出すると言う

ことは 誠に誠に 尊い事です。

 

この訪独が長野県の環境・省エネ・脱CO2建築の研鑽となる事を

を切に願う一人です。

 

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成28年6月(2016/JUN

●自動車の燃費データ不正報道

 

最近、某自動車メーカーが相次ぎ燃費データの計測方法に関して問題があると

指摘されています。同じ製造業として悲しい出来事でした。消費者は何を信じて

商品を購入すればよいのでしょうか? 

ジャンルは違えども「省エネ」製品を製造している弊社としても大変

気になる事であり、いままで以上に高品質な品質管理が

求められており、気が引き締まる思いです。

     文責  専務取締役 櫻井 善弥


平成28年5月(2016/MAY

May5月“地震列島”建築士は国民を守れるか?!

熊本地震災害 災害に遭われた方々にお見舞い申し上げます

 

自然災害の前には人間の存在があまりにも非力に感じます。

災害の報道が日を追って拡大する被害状況は心が痛みます。

 

人の命を守るシェルターとしての住宅・及び建築物。器論と

しての建築の役割、昨今 耐震建築 防災建築 と言う言葉

がやけに浮かびます。住まいが生活を豊かにする様な表現が

目に付きやすかったり 暑いの寒いの見たいな処に眼が行き

がちです。これはこれで大切な事ですが地震災害に対抗できる

事に根拠の薄い確信を持っている事に恐ろしさを感じます。

 

人の命を守る器としての住宅建築。今日の技術は向上著しい。

 新築住宅はともかく既存住宅(特に新耐震基準以前)に

 おいては耐震化率が公共施設に比して低いのが問題に

 なっておりこの点 行政誘導 に期待したい。

 

個人住宅を社会資本として考える 社会合意 の時代を待望!

 

 耐震化補強改修工事をこれだけに留めず断熱省エネ改修

 工事を併せて共通の技術提案として発注者(施主さん)

 に建築士として根拠を持って説明したいものです。

 

耐震診断+省エネ診断=住宅の社会資本化(高個人財産の保持)

 

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成28年4月(2016/APR)

APRIL 4月 桜 満開 城下町飯田に春が来た!

7年に一度の“飯田お練祭り“が盛大に終了した。新たな準備始まる!

 

新年度 始動! 政治経済の変化を注目したい閉そく感のある昨今

の日本経済、万策試すがなかなか歯車が合わない様子を感じるのは

私ばかりでは無いと推察致します。

 

住宅産業は常に時代の“受付係り”と諸先輩から教えられた事が

頭に浮び大切な内需のバロメーターと思い、携わる事への誇り

を感じ自らを励まし続けています。

 

新建ハウジング紙 20163.20 

住宅は貯金箱になるか?を読みました。

 

キーワード:資産価値の維持向上に向け仕組み続々

      ホームドクター・インスペクション(診断する)

 

記事中4面 地方発 長野県 県内住宅の省エネレベルを引き上げる

を御一読下さい。がんばっている様子解かります。

 

感想の要約:いよいよ住宅が社会資本となるか否かの時代に突入した。

      住宅業界のみでなく宅建不動産業界そして国民の意識の

      中に個人資産は当然ながら社会の公器としての住宅資産

      として捉え100200年スパンで社会変化に対応する

      事の大切さが重要です。

 

長野県住宅部への住宅の耐震化普及意見書(櫻井)クリックして下さい。

 

 

 

明日の明るい世界を信じ 代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成28年3月(2016/MAR)

Spring! 3月! 野山に 街に 春が来た!

  “人間の命を守る!シェルターとして建築”冬の寒さの次ぎは暑さ対策を!

少々早いかも知れませんが真夏の強い陽射しに備える。

やっと寒い冬を乗り越えたと思ったのに今度は盛夏の季節を

生き貫かなくてはなりません。要は「夏涼しい住環境」を

確保したいものです。

@  屋根・外壁の断熱性能を向上させてあるか否か?

A  開口部の断熱性能UPそして日射遮蔽(しゃへい)対策を進める。

B  通風計画を立て夜間・早朝の冷気を取り込み自然冷気利用を図る。

C  最後に機械的な冷却装置(省エネ エアコン等)の導入を図る。

弱者(乳幼児や高齢者等)が人間らしく暮らせる為にも備えたい。

 

プロは溢れる業界の情報の中から高所大所の視野で依頼者の為に

 日頃の研鑚を積み、信頼される建築業界人として歩みたいものです。

 

P/S 警告!!第2報 インフルエンザ流行 注意!!

インフルエンザA型・B型 発症猛威 学級閉鎖気になります。!

〜日常の健康生活住宅の大切さを改めて気付く事になりました〜

 

もうすぐ桜の季節到来!長野県中川村アルプスを望む。2015年撮影

 

 “ 明日の明るい世界を信じ “  代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成28年2月(2016/FEB)

一年が本格稼働はじめる2月!

  “企業戦略よりも企業理念問われる時代”

各種所属団体・お取引関係の新年会等の集まりが続き精力的

に各地を駆け巡った。アッと言う間の一月が経過しました。

色々な席で話題になるのが消費税8%が10%となる

来年4月までの顧客心理・購買動向でした。

大きな買い物ですから当然8%の内にと思うのは当然の

心境です。

私たち業界はここに商機を見付け最大限努力すべきです。

ここで問われるのはいつも消費者から住宅産業。建築業界の

姿です。今まで以上に足元をキレイにし明るいサンサンと輝く

太陽の元皆でしっかり汗を流したいものです。

CSR企業の継続的な社会貢献 一部大企業の話では無く小さい会社

小さな組織程 身の丈にあった継続的な地域貢献が今 光ると思われます。

 

P/S 警告!!インフルエンザ発症 注意!!

インフルエンザA型感染 40度の高温続き体力消耗!

〜日常の健康管理の大切さを改めて気付く事になりました〜

“ 明日の明るい世界を信じ “  代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi


平成28年1月(2016/JAN

 平成28年 謹賀新年!

  “ NEW YEAR 2016 ”

 

新装なった飯田市役所と各金融機関に恒例の挨拶廻りに

行って来ました。

和やかな雰囲気の中 夫々の立場は異なれど心に秘めた闘志

を感じ私自身いっそう気持ちの引き締まる思いでした。

昨年からの継続研究テーマ・品質向上・供給サービスの

更なる向上を目指し腰を低く業界の変化を見極め平常心で

今年を漕ぎ出します。お取引の皆様方相変わらずのご指導

ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

 

P/S 休み中 読んだ本の中特に印象の強い書籍紹介します。

題名:キロワットアワー・イズ・マネー

〜エネルギー価値の創造で人口減少を生き抜く〜

著者:村上 敦 むらかみあつし 都市計画・環境ジャーナリスト 

「地方再生」切り札はエネルギー価値創造にあった!

市長さんに絶対に読んでもらいたい本 第一位!

 “ 明日の明るい世界を信じ “  代表取締役  櫻 井 善 實  SAKURI Yoshimi